IPS細胞、山中教授ノーベル賞受賞! | ニュース芸能特ダネ

IPS細胞、山中教授ノーベル賞受賞!


Lapomine


IPS細胞とは、Induced pluripotent stem cellsの頭文字を

とったよび方である。
IPS細胞とは、非常に多くの細胞、組織、臓器に分化できる万能

の細胞といっていいだろう。
従来は、受精卵を使ったES細胞がこれに変わってあったが、

受精は生命のはじまりであると解釈するバチカンは受精卵を

殺すことになるES細胞に反対であった。

また、受精卵を使う事は、倫理的にも議論のあるところであった。

IPS細胞は、2006年に京都大の山中教授のグループによって、体細胞に数種類の遺伝子を導入すことにより
世界で初めて作られた。

この画期的なISP細胞により、理論的に受精卵を全く使用せずに、体を構成するすべての組織、臓器を
つくる事が可能となり、人の患者自身の細胞からIPS細胞をつくり、自らの臓器をつくりだすなど、
再生医療の実現に向けて、世界中が期待している成果である。

今回のノーベル賞の受賞により、さらに再生医療、難病の原因、発症メカニズムの解明による新薬の開発等が
ますます加速する事は間違いない。

ただし、万能故にあらたな課題も発生する。
男性の細胞から、卵子を、また逆もあり得るため、同性者による子の誕生の可能性も秘めている。
IPS細胞をつくる過程で、遺伝子を導入することも、染色体に異常を引き起こす可能性もあるため、
実際に人体に応用するには、さらなる今後の研究者達の成果に期待したい。


いずれにせよ、本来ノーベル医学賞は、実際の応用があって受賞するものであるが、 異例の受賞で、それだけ、画期的なものである事、期待される素晴らしい成果である事がいえる。

 

 

この記事を読んだ人は下の記事も読んでます

 

記事の内容はいかがだったでしょうか?


 もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、

 以下のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!
 
  

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース芸能特ダネ

この記事へのコメント

ニュース芸能特ダネ TOP » 社会 » IPS細胞、山中教授ノーベル賞受賞!