地球から約5400万光年ブラックホールに肉薄  | ニュース芸能特ダネ

地球から約5400万光年ブラックホールに肉薄 


Lapomine

地球から約5400万光年かなたの超巨大ブラックホールのごく近くを、

電波望遠鏡で観測に成功。国立天文台などのチームが米科学誌サイエンス

電子版に発表。

ブラックホールの撮影に近い成果。

おとめ座M87銀河の中心にある超巨大ブラックホールから噴出する

ジェットを調査。

ジェットは根元が細くブラックホールから離れるほど広がるが、幅1千億キロほど

の根元の部分の観測に成功。

ブラックホールと根元の距離を計算すると、ブラックホールの半径の

約3倍しかない約600億キロだった。

ブラッホール自体は、光をも吸い込んでしまうほどの強力の重力を持っている

ため、そのものの撮影はできない。

 

 

この記事を読んだ人は下の記事も読んでます

 

記事の内容はいかがだったでしょうか?


 もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、

 以下のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!
 
  

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース芸能特ダネ

この記事へのコメント

ニュース芸能特ダネ TOP » 天文 » 地球から約5400万光年ブラックホールに肉薄