ロタウイルス 予防接種しましたか?※感染性胃腸炎、大人も感染! | ニュース芸能特ダネ

ロタウイルス 予防接種しましたか?※感染性胃腸炎、大人も感染!


Lapomine

ロタウイルス 予防接種しましたか?

ロタウィルスによる感染性胃腸炎は、乳幼児のど子供がかかりやすい急性胃腸炎ですが、大人も感染します!

特に体調をくずして免疫力の落ちた時や、免疫力の弱い高齢者は感染しやすいのです。

ロタウィルスは、1月から、5月に流行するので、これからしばらく注意が必要です。

 

ロタウィルスは、感染力が強く、年間120万人が発症し、78000人が入院、10~20人が死亡するという、怖いウィルスです。

症状は、激しい嘔吐、下痢、発熱が主な症状で、脱水症状となります。今季も、ロタウイルスによる嘔吐下痢症の集団発生が飲食店や料理店などで起きているので、特に、高齢者の介護福祉施設では十分に注意する必要があります。

 

ロタウィルスの予防接種の料金は、任意性で、なんと、1回10000円~16000円!

しかも、ロタリックスは、2回摂取、ロタリックは3回摂取なので、

結局、どちらも、結局30000円!程度かかる事になり、簡単にロタウィルスの予防接種を受けるということは難しい状況です。

しかし、ロタウィルスは治療法はなく、ロタウィルスの予防接種による予防が唯一対策となります。

 

一方、最近の研究で、ある種の乳酸菌が、免疫力を高めるという事がわかってきたのです。

免疫は、人体を守る防衛軍のようなものです。白血球と呼ばれる兵隊が、軍隊ばりの組織で応援し、病気の芽を摘み取っていきます。 そして、細菌やウィルスなどの有害物質などから身体を守ります。

人間は、加齢によりこの免疫のバランスがくずれていき、白血球の働きが弱ってくるので、細菌や、ウィルスから身を守れなくなり、ロタウィルスなどのウィルスに感染してしまうのです。

しかし、最近この白血球を元気にする乳酸菌がある事がわかり、乳酸菌で腸を元気にする事が免疫に重要なのです。

その乳酸菌は、他の乳酸菌とは違った乳酸菌で特許を取得された「乳酸菌EF-2001」という乳酸菌です。

詳しくはこちらの”乳酸菌EF-2001”をご覧下さい。

 

menekicyou

 

 

 

ロタウイルス:1月から5月に流行、感染力が強く、アデノウイルスやノロウイルスより重症の胃腸炎を起こし、日本では通常5歳までに罹患、低年齢(乳幼児)ほど重症で、年間120万人が発症、78,000人が入院、10~20人が死亡します。症状は嘔吐・下痢(典型的には米のとぎ汁様の白色水様便)・発熱・脱水、時に腸閉塞・痙攣・腎不全・脳炎・脳症を合併します。

ロタウイルスワクチン:2種類ありますが、どちらも経口投与する生ワクチンです。

この記事を読んだ人は下の記事も読んでます

 

記事の内容はいかがだったでしょうか?


 もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、

 以下のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!
 
  

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース芸能特ダネ

この記事へのコメント

ニュース芸能特ダネ TOP » 医療 » ロタウイルス 予防接種しましたか?※感染性胃腸炎、大人も感染!