レッツノートPCのHDDを512GBのSSDに交換してみた!クローンSSD換装の記録 | ニュース芸能特ダネ

レッツノートPCのHDDを512GBのSSDに交換してみた!クローンSSD換装の記録


Lapomine

交換したSSDはコレ!



TranscendのSSD370シリーズの512GBのSSD。
なぜコレにしたかと言うと、小生のレッツノートに入る薄いSSDはコレしか見つからなかったから。
でも、すごく優秀です。

実は、これで3回目の換装。
目的は今のWINDOWS7で使っているビジネス・パートナーのレッツノートSXを
無料のWINDOWS10化する為。

1ヶ月以内なら元のWINDOWS7に戻せるとはいえ、今まで使い込んだフル装備の
パートナーPCのいろんなソフトが全部しっかり元通り動く保証はない。

だから、WINDOWS10用にSSDクローン化したのだ。

WINDOWS10の無料ダウンロード期日が近づき、思い立って
Amazonで注文。

昼前に頼んで、その日の夕方には、クロネコヤマトで到着! 早い! だからこそamazoonなのだ。


以外と簡単であった。
クローンのSSDに入替え、電源入れると、いつもと同じ画面。まったく何も変わっていない。

これで、このあと、無料のwindows10化も心置きなく、安心してできる!
いろんなソフトの動作に問題がなければ、そのままWINDOWS10で使い、
WINDOWS7のディスクは、バックアップとして使用。
(因みに、中古PCで同じ型番のPCを探し、そのHDDと入替えても、
ほとんど問題なく動作する。クローンノートだ)


換装する前は、HDDをSSDに丸ごとコピーのクローン化しておいたので、

まったく、内容はディスク内容は変わらず、電源いれたら直ぐに前と同じ状態で使える!
また、HDDより断然、めちゃ早い。
衝撃にも強くなる。

SSD換装はおすすめです。

ノートPCとクローン化するSSDを接続するケーブルはコレ。
ノートPCのUSBに、2.5 inch SATAのSSDを接続するケーブルだ。
USB3.0のポートでも問題なく使えた。



か、




どちらも換装に使った実績があるが、今回は下のSATA-USB変換ケーブルを使用した。


クローン化するソフトは、今回は
TranscendのSSDに付属のマニュアルに記載してある、サイトから
マニュアル通りにダウンロードし、
マニュアルの手順でクローン化するだけだ。

SSDを変換ケーブルでPCに接続し、
ソフトを起動してからは、2クリックでまるごとコピーが始まる。

メニューのクローンを選び、OSのみのコピーか、拡張のコピーかの選択は
チェックせず、今回はまるごと完全コピーなので

そのまま開始をクリックすればいい!

経過が%表示され、完了までの残り時間もわかる。

完了したら、あとは、ノートPCのディスクと入れ替えるだけ!

簡単です!











この記事を読んだ人は下の記事も読んでます

 

記事の内容はいかがだったでしょうか?


 もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、

 以下のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!
 
  

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース芸能特ダネ

この記事へのコメント

ニュース芸能特ダネ TOP » SSD換装, クローン, レッツノート » レッツノートPCのHDDを512GBのSSDに交換してみた!クローンSSD換装の記録