サッカー元日本代表監督のジーコ監督がイラク代表監督を辞任。理由は? | ニュース芸能特ダネ

サッカー元日本代表監督のジーコ監督がイラク代表監督を辞任。理由は?


Lapomine

jikoサッカー元日本代表監督のジーコ監督が
自身の公式ブログでイラク代表監督を辞任する事を表明しました。

やっぱり、ジーコ監督が試合相手国の監督しているのは、見ていて
あまり気もちのいいものではなかったですから。

私的には良かったな、と。思います。

ジーコ監督の主な経歴です。
1976年ブラジル代表としてワールドカップ出場。
3回出場したが優勝経験は無いんです。

1989年引退しましたが、鹿島アントラーズへ入団し、選手・監督行を兼任しました。
ジーコ監督の名言に、”日本で指導したい、プレーしてもいい”といっていたのがこれかもしれません。

第1ステージ満了時に引退し、帰国しましたが、2002年に日本代表監督に就任しました。
AFCアジアカップ2004に優勝しました。
ワールドカップ・ドイツ大会終了後に日本代表監督を契約満了し、惜しまれながらも退任しました。

名言ちょっとだけ。

・私は日本でサッカーを指導したい。できればプレイしてもいい
・一度や二度の挫折に負けない、強靭な精神力を持って前向きに努力すれば必ず道は開けると信じている
・組織にとって個人の能力はたいせつである。しかし、それ以上に勝敗を分ける大きな原因となるのは、チームワークなのだ。
・人は幸運の時は偉大に見えるかもしれないが、向上するのは不運の時である。

この記事を読んだ人は下の記事も読んでます

 

記事の内容はいかがだったでしょうか?


 もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、

 以下のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!
 
  

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース芸能特ダネ

この記事へのコメント

ニュース芸能特ダネ TOP » スポーツ » サッカー元日本代表監督のジーコ監督がイラク代表監督を辞任。理由は?